ダイエットのことなら当サイト「美容とダイエットまるわかりナビ」にお任せください。

menu

美容とダイエットまるわかりナビ

可能であればホットにして飲む

11-10

殊更おっ変えダイエットの場合は、水で割るよりも満腹感が得られやすくなります。コーヒーや紅茶なども、ホットを選ぶようにしてください。

女性の場合は冷え性の人が大量ので、冷水飲み物は極力避けて情け深いものもしくは常温のものを飲むようにしてくださいね。水やお茶ばかり」では飽きてしまう人は、豆乳や無脂肪乳を飲みましょう。

外出中にペットボトルや缶の飲み物を買う習慣がある人は、水筒を持ち歩くようにしてください。水は常温で飲むことをおすすめします。

ダイエット中は、基本的には水もしくは炭酸水をメインに飲むようにしましょう。お茶や紅茶、コーヒーは砂糖を入れなければ飲んでもかまいませんから、友達とカフェに行くこともできますよ。

豆乳や無脂肪乳であれば大丈夫です。また、プロテインなどダイエットドリンクを投入や無脂肪乳で飲むのもおすすめです。

可能であれば、白湯を飲むとさらに何よりですね。豆乳や無脂肪乳はさすがに常温で、とはいかないので冷や冷やまま飲んでも格好ですが、可能であればホットにして飲むようにしてくださいね。

もしくは、500mlのペットボトルの水を買い置きしておいて、常温のまま持ち歩くようにするのがおすすめですよ。ただ、砂糖だけでなくミルクも入れないようにしましょう。

炭酸水はもちろん、サイダーなどではなくただの炭酸水に限ります。タンパク質も豊富なので、一日一杯程度は飲むようにすると申し分のないですよ。

水分を摂るときには、温度にも注意が必要です。味に飽きてしまうこともあるので、水のブランドを変えてみたり、レモンを絞ったりして変化をつけると秀逸ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。